マンション購入のタイミングはいったいいつ?年収別の購入方法もわかりやすく解説。

憧れや理想を追い求めるのも大切ですが、はじめに自分の身の丈にあったものを買った方が安心して返済できます。

年収で考えるマンション購入

男性にしても女性にしても、家を出て1人で住むことを考えるとき、住まいを求める際には一戸建てよりもマンション、というケースが多いのではないでしょうか。一戸建てだとなかなか管理が面倒だったりしますし、通勤や普段の生活に向いているという点でいえば、駅に近いなどの条件を満たしやすいマンションが選ばれることが多いものです。家を出て生活をすることを考えるので、賃貸にするか、あるいはそこそこの貯金がもうできている人なら、思い切ってマンション購入ということも考えると思います。

ただ、やはり一人暮らしということであれば貯金を全部はたくのも考え物ですから、ローンを組んでマンション購入という手段をとることになるのが大半でしょう。1人暮らしの前提で話を進めてきましたが、もしかしたら結婚を機にマンション購入を考える人もいるかもしれませんし、家族が増えたといったことを理由に、思い切って賃貸ではなく家族でゆったり住めるマンションに移りたい、という理由もあるでしょう。

いずれにしても、やはりローンを組んでの購入となると思われますから、その際に年収を考えるのが自然な流れです。年収がいくらかを考えるとき、住宅ローンの返済という確かな目的に照らし合わせることを思うと、まずは年収に月給とボーナスを足した額を考えるか、それともボーナスはあくまでも業績に応じて出るものなので、不安定要素を盛り込まないようにするか、決めておく必要があります。

ファイナンシャルプランナーなど、金融に詳しい人たちは、口をそろえて毎月の月給で返済できる範囲の物件を購入することを勧めますが、確かにその通りでしょう。ボーナスをあてにしたローンを組むような、少し背伸びした感のあるマンション購入をしてしまうと、業績不振でボーナスが出なくなればたちまち年収は減り、ローン返済予定に狂いが生じてきます。

長期間で返済する住宅ローンですから、せっかくのマンション購入が家計をくるしくさせ、常に返済のことを気にしなければならないようなプランはやめておくのがベターです。毎月の給料で返済できるローンを組むならば、月額どのくらいになり、その結果どの程度の規模のマンションを買えるかということがわかりますから、この考え方をもとにマンション購入を検討していくことが大切でしょう。

年収は勤めていくにつれて変わっていくでしょうが、昔とは違い、年功序列で徐々に給料が上がっていくような時代ではなくなりました。完全にとまではいきませんが、かなりの会社が能力主義へと切り替えていますので、これからもローンを返済していけるかどうかを考えながら、購入を検討することが重要な時代になりました。

1人暮らしの人の年収と家族がいる人との年収が同じであれば、家族がいる人に比べてローン返済に余裕ができるでしょうから、その分、購入できるマンションの規模も大きくなるか、あるいはグレードアップしたものにできます。年収によって、自分の持ち物となるマンションをどの程度の規模にするか考えるのは、将来設計を立てることにも一役買うのではないでしょうか。

ローン返済を完了させるまで、どのくらいの収入を維持しながら働き続けられるかは、マンション購入において最大のポイントであることは言うまでもありません。それぞれの収入に見合ったマンション情報を集めることが、身の丈に合ったローンと必要なスペースを確保した住まいを手に入れる近道となると言えるのではないでしょうか。

ここはひとつ、自分がいくら稼いでいるのかということをシビアに、そして冷静に考えることによって、どの程度のレベルの物件を選べばいいかということが自然に見えてくるでしょう。